航空機撮影を成功させるカメラテクニック

航空機撮影を成功させるカメラテクニック

私たちを乗せて空を飛ぶ航空機は、カメラで撮影する被写体としても最適です。


大きなボディはとても迫力があり、色とりどりのカラーリングも見ているだけで楽しませてくれます。


普通の被写体と違って大きい上にかなり離れた距離にあるため、撮影には工夫が必要です。航空機の写真をカメラできれいに撮影するには、必要な機材を揃えテクニックも覚えるようにしましょう。
はるか遠くの大空を飛ぶ航空機は、普通のカメラで撮影するとどうしても小さく写ってしまいます。

航空機の撮影のカメラの情報を求める人におすすめのサイトです。

こちらから近づければいいのですが、飛行場などに止まっているときでもない限り難しいでしょう。
そこで遠くを写すために、望遠レンズを使用します。



望遠レンズとは鏡筒の中に複数のレンズを組み合わせることで、遠くの被写体を引き寄せて撮ることができるものです。一眼デジカメには多くの望遠レンズが揃っているので、それらの中から気に入ったものを購入して取り付けるだけで、近くで撮ったような作品に仕上げられます。
望遠レンズを選ぶ際に注意したいのが、パープルフリンジと呼ばれる現象です。


望遠レンズは複数のレンズを組み合わせているため、レンズの品質によっては被写体の縁が紫色っぽく写ってしまいます。これを防ぐには高品質のレンズが使われた製品を選ぶことです。


価格が高くなるものの、それだけの効果は感じられるはずです。



遠くのものを写す時には、カメラのブレにも気をつけましょう。


シャッターを切る時のほんのわずかな揺れですら、写真にブレを発生させてしまいます。


重みのある三脚を使用し、本体から離れたシャッターを切ることができるレリーズボタンも併用すると効果的です。

  • 知りたい空撮事情

    • ヘリコプターの操縦などしたことないという人がほとんどだといえるでしょうが、未来ではヘリコプターの操縦は人がするものではなくなるでしょう。未来のヘリコプターは人工知能が操縦してくれるものとなり、今より安全かつ安く利用することが出来るようになると考えられます。...

      detail
  • 空撮の意外な事実

    • ヘリコプターの操縦をするためには、技能を証明する国家資格と無線交信をするための国家資格を取得しなければならないことはよく知られていますが、資格保有者となった後も決められた時期に航空身体検査を受けなければなりません。この検査は航空法の規定で義務付けられているもので、不合格となってしまうとヘリコプターを操縦できなくなってしまいます。...

      detail
  • 空撮の耳より情報

    • モービルマッピングシステム、通称MMSは、車で走りながら街中にある建物や道路、マンホールといった様々な情報を取り入れ、データ化することで色々な活用ができるようにするものです。モービルマッピングシステムは、車の上部に取り付けられた専用の機械によって計測されます。...

      detail
  • 空撮の大人の常識

    • モービルマッピングシステムとは車両の上部にGPSアンテナとレーザースキャナーそしてカメラなどの機器を搭載して走る移動体計測システムのことです。モービルマッピングシステムの重要性というのはリアルタイムの道路状況を見極められるという点です。...

      detail