航空機撮影を成功させるカメラテクニック

  • 道路の安全を守るモービルマッピングシステム

    • モービルマッピングシステムとは車両の上部にGPSアンテナとレーザースキャナーそしてカメラなどの機器を搭載して走る移動体計測システムのことです。

      モービルマッピングシステムの重要性というのはリアルタイムの道路状況を見極められるという点です。


      道路には一般道路以外にも高速道路やトンネルそして橋などがあります。
      道路もまた建造物の一つであるため、その寿命は100年単位ですが使用度にもよっても刻々と変化します。

      こだわりの高いモービルマッピングのシステム情報を選びました。

      一般的に測量をするときには上空から見る航空測量や特殊なカメラで撮影する人海戦術の測量の方法です。これらの方法でも適切な測量は可能ですが出来ないこともあります。


      人海戦術のほうはリアルタイムの状況を見極められますが範囲が狭いです。


      航空測量は広範囲を測量が可能ですが、何度も航空機を飛ばせないのとトンネルのように建物に隠れている場所は見れないことです。
      これらの測量の問題点をクリアしたのがモービルマッピングシステムです。

      高性能の測量機器を車の上部に着けることによって走行しながらリアルタイムの測量が可能になります。

      車で走行することによって長時間の撮影に加えて、航空ほどではないにしても広範囲で立体的な情報を手に入れることが出来ます。


      何より状況の把握が難しいトンネル内も入れるので、トンネル内に入って現在の情況を見極められることも大きいです。



      リアルタイムで道路状況を知れれば、事故につながるポイントを改善したり破損部分があれば即座に修復が可能です。



      先に言ったとおりに道路の寿命は最低でも100年単位ですが、その使用頻度によって大幅に変わります。このモービルマッピングシステムを使用することによって、メンテナンスをすれば防ぐことの出来る道路事故を大幅に減らすことが出来ます。