航空機撮影を成功させるカメラテクニック

  • ヘリコプターの操縦をし続けるには検査の合格が必要

    • ヘリコプターの操縦をするためには、技能を証明する国家資格と無線交信をするための国家資格を取得しなければならないことはよく知られていますが、資格保有者となった後も決められた時期に航空身体検査を受けなければなりません。

      この検査は航空法の規定で義務付けられているもので、不合格となってしまうとヘリコプターを操縦できなくなってしまいます。

      ヘリコプターの操縦を利用してみる価値はありますよ。

      航空身体検査は自動車運転免許でいうところの適性検査にあたりますが、ヘリコプターの操縦では自動車の運転以上に体力や集中力が必要であり、万が一事故が起きると人命に関わることから、適性検査より詳細に身体を調べられます。



      また、自動車運転免許の適性検査は、免許取得後は更新手続きをするときに受ければ良いですが、航空身体検査は技能証明の区分と資格保有者の年齢に応じて6ヶ月に一度、もしくは年に一度受けなければなりません。

      かつては航空身体検査に合格するハードルは高いものでした。


      例えば、現在の航空身体検査では、メガネやコンタクトレンズを着用した状態で視力に関する基準をクリアしていればOKですが、2001年9月までは裸眼視力に関する要件もクリアしていなければ飛行機を飛ばすことはできませんでした。
      また、2008年8月までは操縦桿を握る際に必要な握力の要件が存在していましたが、9月に撤廃されました。



      撤廃前は、女性が航空身体検査を受けても握力の要件をクリアできず不合格となるケースが多かったですが、撤廃によって女性もヘリコプターの操縦に携わりやすくなりました。