航空機撮影を成功させるカメラテクニック

  • 現実空間をデータ化「モービルマッピングシステム」

    • モービルマッピングシステム、通称MMSは、車で走りながら街中にある建物や道路、マンホールといった様々な情報を取り入れ、データ化することで色々な活用ができるようにするものです。モービルマッピングシステムは、車の上部に取り付けられた専用の機械によって計測されます。

      モービルマッピングのシステムはかなり有益な情報が揃っています。

      車両種によって多少異なりますが、中央に設置された360度カメラの周囲を、3機のカメラと3機のGPSが囲み、さらに複数台搭載したレーザーによって、画像だけでなく様々なデータを一度に取得することが可能です。


      カメラやレーザーで得ることができた写真や走行記録は、それ単体で使用されるだけでなく、組み合わせられることで力を発揮します。

      道路や建物を自動で認識し、それをコンピュータ内でモデル化したり、道路上のマンホールや縁石、白線を捉えることで、交通に活用できるようにまとめるシステムもあります。



      それだけでなく、数多くの分野でこれらのデータが活かせるように、次々と新しいアプリケーションが生み出されていっています。
      モービルマッピングシステムで得られたデータは、非常に多くのシーンで活用されています。
      スマートフォンなどから見ることができるマップに始まり、測量の参考や建設の際に必要な情報の提供、トンネルの変位調査に、自動車業界では3D化して新車のバーチャルシミュレーションにも用いられています。

      モービルマッピングシステムは、直接目に見えないところで確かに活躍し、今や生活に欠かせないものとなっています。